Chieka Blog  -original accessory-

chieka.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 05月 11日

flower cafe


3階建てのcafe

c0120565_093082.jpg


ここは2階
flower cafe と命名しよう。

ホントの名前は Rue Favart

次は3階に行きたい。


c0120565_0131434.jpg



カードもすごくかわいい。

c0120565_0143690.jpg



CINQ5にも行けた。
行きたいところに次つぎと行けた。
感謝。

ここのお店のカードは
マッチ棒入れか油とり紙みたいだ。


chieka

# by chieka-01 | 2007-05-11 00:22 | Diary | Trackback | Comments(2)
2007年 05月 10日

tokyo garden

あいにくの雨

ここはどこ?

c0120565_0263415.jpg


東京 3日目
 
エルマー発見

c0120565_030751.jpg


恵比寿ガーデンプレイス
その名の通り、花と木が迎えてくれた。

c0120565_0314453.jpg


D&Department
たどりついた!
楽しかった!


雨の中、ずんずんどんどん歩いた一日。

chieka

# by chieka-01 | 2007-05-10 00:38 | botanical | Trackback | Comments(0)
2007年 05月 08日

herman de vries


ヘルマン・デ・フリースは
1931年オランダ生まれ。

1970年からドイツで暮らしています。
造園土木を学びフランスで農業に関する仕事につき、
その後オランダで植物保護事業に従事、
1953年からアーティストとしての活動を開始。


彼の芸術のテーマは植物界への愛情であり
彼にとって生物学は科学ではなく詩的なものとして捉えられ
彼の作品は自然界への深い知識によって人と自然の関係性を表現しています。

彼のアートワークは意識にとらわれず、ニュートラルなもので
つまりアーティストの見解が作品を観る人の見解までを拘束したりせず、
各々が自由に解釈できるのです。


デ・フリースは世界を構成する要素は
全て平等な“トータルコンセプト”であると考えます。
彼が目指す自然と芸術の調和は禅や仏教に根付いています。

それは、文字においても平等の意識から彼自身の名前に大文字を使わず
すべて小文字を用いること、また文章においてもその方法を好んでいる点にも
現れています。

自然からモチーフを集め、あるがままを見せる、その表現には抽象的な意味はなく
ただ存在だけがあります。
彼は自然を加工して芸術作品を創り出そうとはしません。
なぜなら彼にとって自然と芸術は等価なものであるからです。

引用LimArt

c0120565_23545252.jpg


LimArt
すごく行きたかったところ。

ここで出会ってしまったヘルマン・デ・フリースの作品たち。

植物を心から愛する気持ちが作品に表れていました。


クスっと笑えたり、かわいかったり、哀しかったり

静かだけれど、いろんな表情をしていて

この作品を作っている彼の姿を想像して
さらに彼のことが知りたくなった。


chieka

# by chieka-01 | 2007-05-08 23:56 | botanical | Trackback | Comments(0)